勃起不全に悩んだらED治療薬を使え

勃起不全だからといって悩む必要はありません。バイアグラやレビトラなどのED治療薬を使って改善すればいいのです。病院で処方してもらうと高いので、ネットを利用して個人輸入で購入すると安く手に入ります。ただ中には悪徳業者もいるので注意しましょう。

勃起不全の治療薬とアムロジンOD錠の薬代

勃起不全は専門的にEDとも呼ばれ、勃起ができなかったり十分な硬さを得られないことから、男性の性機能の大きな悩みとなっています。日本では認可された治療薬が3種類存在し、そのどれもが同様の作用機序となりPDE5阻害薬に分類されています。男性器が勃起するには海綿体の血管平滑筋を弛緩させるcGMPが必要ですが、PDE5が分泌されると分解され萎える原因となります。勃起不全の治療薬は分解酵素であるPDE5を阻害することで、平滑筋が弛緩され海綿体へと流れる血流量を増加させます。また、一酸化窒素を活性化させることで血管を拡張するため、より血液の循環を良くする効果があります。アムロジンOD錠は高血圧症の患者に用いられる治療薬で、カルシウム拮抗薬に分類される降圧剤です。勃起不全の治療薬と同様に平滑筋に作用して血管を拡張し、血圧低下を目指す治療薬となりますが、併用すると相乗効果によって血圧が下がりすぎてしまう可能性があるため、使用には注意が必要となります。また、アムロジンOD錠は頻度不明の副作用で勃起不全になることもあるので、高血圧の治療中に勃起ができなくなった場合には、医師の判断で併用することもあるようです。アムロジンOD錠の薬代は用量によって異なりますが1錠あたり29~81円ほどと安いので、使用するには問題はないのですが、勃起不全の治療薬は健康保険が使えず、1錠あたり1,500~2,500円と非常に高価な薬代となります。そのため、高血圧症の治療は問題なく行えるものの、勃起不全は薬代の問題から日常的に使用するのが難しくなっています。また、勃起不全の治療薬は一時的な改善薬となっているので、男性の性機能を治そうと考えるならば、食事療法や運動療法を心がけることも必要となります。